車高価買取

車の売却は、即決は禁物です。

車の買取は、店によってかなりの相場差があるという事をご存知でしょうか。

 

同じ車の買取なのに、数千円ならともかく数万円、稀に10万円以上の差額が出る事があります。

 

 

 

何故そんなに差が出るかというと、店によって全く需要と供給が違うからです。

 

特に中古車買取ショップは千差万別で、強い車種と弱い車種の落差が激しすぎる傾向にあります。

 

 

 

店によっては、数千円単位の査定額を出してくる所もあります。

 

本当にその程度の価値しかない場合もありますが、多くはその店がその車種を捌けるルートを持っていないのが原因です。

 

良心的な店だと、その旨を伝えて他を薦めてくれる事もあります。

 

 

 

勿論、これは極端な例です。

 

ですが、すぐに決めてしまうのはとんでもない損をする可能性があります。

 

 

クレジットカード現金化

 

 

 

最低でも、別チェーン店や全く置いてある車が違う店をいくつか訪問してから判断する事をお勧めします。

 

外車や、値段なんて諦めているような古い車ほど、極端な値段差が付きやすいのです。

 

 

 

車の売却は動くお金が大きいので、面倒臭がらずに色々試してみてください。

 

店が欲しがっているのは、貴方の車かもしれません。

車を買取価格が下がり切る前に売っておいたらよかった

今までは近くのスーパーマーケットに買い物へ行くにも車を利用していましたが、近頃はネットスーパーを使うようになって車に乗るという事がめっきり少なくなってしまったので、ただ置いておくだけでもメンテナンスや保険、税金で何かとお金がかかってしまう車は処分し、どうしても必要な時だけレンタカーなどを利用したほうが良いのではと考える様になりました。

 

 

 

そしてどこで車が高く売れるのかと色々見て回りましたが、私の車はそれなりに古いモデルという事もあり、どこの車買取業者でも二束三文という感じでした。

 

 

 

こうなると最初は売却する気満々だった私でも、少し躊躇してしまいます。

 

 

 

最初に書いた通り車の所持には維持費がかかるので、1円でも売れるだけましだという考え方もありますが、それなりに愛着を持って乗ってきた車だけあって、捨て値同然で売却するのはどうかなという気持ちもありました。

 

 

 

結局今回は維持費のことを考えて売却しましたが、こうなるならもっと早く見切りをつけて売っておけば良かったかなと思っています。

ディーラーでの下取りについて

車を売るというと、一番先に思いつくのは

 

ディーラーで新車を買い

 

そこで中古車を下取りに入れるという方法ではないでしょうか。

 

車を買い替えるには便利な方法の一つです。

 

中古車をディーラーで査定してもらい、

 

新車の購入金額から査定額をその場で差し引いてもらえるので一見お得に感じます。

 

ディーラー下取りのメリットは車買い替えの手続きが一度で終わる。

 

顧客としてメンテナンスなどで優遇してもらえる場合があるなどがあります

 

またディーラー下取りのデメリットとしては買取り価格が中古車買取業者よりも平均して低い。

 

ディーラーは、新車を買ってもらうのが本業です。

 

そのため、車種や年式である程度査定額が決まっていて

 

中古車市場の人気や相場が価格に反映されないのです。

 

特に、年式の古い車や走行距離の多い車は下取り額0円ということもあり、厳しい査定をされるのが現状です。

 

必ずしも「下取り<買い取り」とも限らないので

 

 あらかじめ自分の車の買取査定額の相場を知っておく事が大切です。